飲めなくてもOK

赤いドレスの女性

ガールズバーで働くことのできる女性には年齢制限があります。最低限の年齢は18歳と決められており、これはお酒を提供するというお店の性質が影響しています。18歳以上の人でも高等学校に通っていれば働くことは不可となるので、応募する際は念頭に入れておく必要があります。
18歳といえば未成年ですが、そのため当然お酒が飲めない人でもバーでは働くことができるということがわかります。新宿ではアダルト系のお店がたくさんあり、若い人も多く働いていますが、基本的にお酒が飲めない人は無理に飲む必要は無いという暗黙の了解があります。未成年でなくてもお酒を飲めない人は多いですが、そういう人も無理に飲む必要はありません。昼からの営業ではカフェ形式なのであれば、お酒も出ませんので、お酒が飲めないことに気を使う必要も無いです。

夜のお店といえば新宿は眠らない街といわれるので、他の街よりもとてもお酒を出すお店が多いです。お酒のことを知っていれば仲が打ち解けやすいということがありますので、やはりガールズバーで働く時、お酒は飲めるに越したことはありません。ドリンクバックが70%つくようなお店は利用客と一緒にお酒を飲める人ほど稼げるという傾向もあります。
しかし、必ずしもお酒を飲めないからといって働けないというわけではないのです。バーテンダーとしての仕事を覚えれば、自然とお酒の作り方は覚えます。マニュアルもあるので作り方を知らないからといって不安になることはありません。メインは飽くまでも接客なので、多少お酒が飲めない、作るのに慣れていなくても良いので新宿のガールズバーは働きやすいのです。